一戸建てを買うなら中古住宅という選択肢もあり

一戸建てを買うと言えば、新築住宅を連想する方が多いと思います。確かに、新築住宅は内装も外装もピカピカで、気持ちがいいもの。自由設計の注文住宅なら間取りも自由に決められるメリットがあります。一方で、中古住宅というと日本ではあまり馴染みのないもので、前住んでいた人が気になるのでは、とネガティブな印象があるのも事実。しかし、欧米では中古住宅がむしろ一般的ですし、メリットもたくさんあります。ここでは、中古住宅のメリットを紹介していきます。まず一つ目は、土地・建物を買うよりも格安で手に入れることができること。土地というのは家が建っているよりも更地のほうが高く売れます。したがって、家がすでに立っている中古住宅は、土地の価格に着目すると更地の場合よりも格安の価格で土地を手に入れることができるということになります。また、老後に家を建て替えることを考えても、イニシャルコストを抑えることができる中古住宅にはメリットがあります。新築住宅の耐用年数は一般的に50年ですが、さすがに40年以上住むと建て替えが必要と感じるようになります。35歳で新築住宅を建てるとすると、75歳頃にはだいぶくたびれていることになりますが、35歳で築15年の中古住宅を買うと、築40年となる25年後には60歳でちょうど定年の年となりますので、退職金を使って建て替えることができます。このように、中古住宅には大きなメリットもありますので、住宅の購入を検討する際には選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか

女性向けエステ.com | 英語上達の秘訣 | 工務店向け集客ノウハウ | 貯蓄 | マッサージのリアル口コミ.com | 住宅リフォーム総合情報 | アフィリエイト相互リンク | 英語上達の秘訣 | GetMoney | 超SEO対策 | 内職 アルバイト | 心の童話 | ショッピングカート | 初値予想 | オーディオ